製品案内

ろ材・補助剤・添加剤

消石灰

水酸化カルシウム(すいさんかカルシウム)は、化学式 Ca(OH)2 で表される物質を指し、消石灰(しょうせっかい)とも呼ばれる。俗称で、生石灰(せいせっかい、酸化カルシウム)と区別するため「けしせっかい」と言われる場合もある。水溶液はアルカリ性を示す。
グラウンドなどに白線を引くのによく用いられるほか、酸性化した河川や土壌の中和剤、凝集剤としても用いられる。 近年、目にはいると失明のおそれがあり非常に危険なことが指摘されており、白線用としてはより安全な炭酸カルシウムに変更することが推奨されてきている。 砂、海草抽出物と練ったものは漆喰と呼ばれ、壁や天井に塗られる。固まるまでに時間がかかるが長持ちする内外装材である。これが固まるのは下に示すように空気中の二酸化炭素を吸収することによって炭酸カルシウムが生成するからである。

また、こんにゃくの凝固剤としても使用されている。

ほかに、試薬、食品や化粧品のpH調整剤、カルシウム補充剤、化学合成原料、体質顔料、殺菌剤などとしても用いられる。

消石灰
消石灰  

取り扱い製品一覧(薬品)

  • 水処理薬品
  • 無機工業薬品(アルカリ)
  • 無機工業薬品(酸)
  • 有機工業薬品
  • ろ材・補助剤・添加剤

SDS(製品安全データシート)